D3.jsと国土交通省のオープンデータで東京都の地図を描く

Geograpic data is from 国土交通省.
This code is fork of JavaScript - D3.jsとOpen Data〜その1地図を描画する - Qiita.

    var g,
        width = 900,
        height = 500;

    // svg要素を作成し、データの受け皿となるg要素を追加している
    map = d3.select('#map').append('svg')
        .attr('width', width)
        .attr('height', height)
        .append('g');

    // 同じディレクトリにあるgeojsonファイルをhttp経由で読み込む    
    d3.json("tokyo.json", function(json) {
            var projection,
                 path;

            // 投影を処理する関数を用意する。データからSVGのPATHに変換するため。
            projection = d3.geo.mercator()
                  .scale(45000)
                  .center(d3.geo.centroid(json))  // データから中心点を計算
                  .translate([600, 920]);

            // pathジェネレータ関数
            path = d3.geo.path().projection(projection);
            //  これがenterしたデータ毎に呼び出されpath要素のd属性に
            //  geoJSONデータから変換した値を入れる                

            map.selectAll('path')
            .data(json.features)
            .enter()
            .append('path')
            .attr('d', path)
            .attr("fill", function(d){
                // 適当に色を塗るなど
                return "hsl(147, 28%, 52%)";
            })
            .attr("stroke","hsl(147, 28%, 38%)" )
            .on('mouseover', function(d){
                // mouseoverの時のインタラクション
            })
            .on('click', function(d) {
                // clickされた時のインタラクション
            });
    });